スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
今から好きな言葉は「精進」。
 馬鹿みたいに書いてた頃から考えると、最近全然書けてないなぁ…という感じの、幹事男です。
 いつもはここで放り出して充電期間(という名のサボリ)に入っちゃってるからな、精進精進。

 というか前回に至っては10ヶ月とかね。

 そう考えると復帰してから三ヶ月、その穴を埋めるにはまだまだ精進ですね…ハイ('A`)



 まずはとにかくくどふぇす2作。ほぼ私事(半分公事みたいなもんだけど、考えなしに期日設定した私のせいですので)で一週間伸ばしたのに、作品すらロクに書けてないという…ああ、馬鹿だ。なんという馬鹿だ。要は今月、りとやきゅ8話以来ほとんど書いてないんじゃないか。馬鹿すぐる。
 ということで、目標は今週中。元々の締め切りに間に合わない主催なんていない方がマシということで。

 それが終わったらいい加減何かしらの短編を書きましょう。色々脳内では貯まってますしね。もちろんりとやきゅが一番書きたいのですが、そもそも趣味的に始めたものですからね…のんびり書かせて頂きます。

 で、そんなにカッツカツなのに脳内には新たな長編が生まれつつあるという…止めてくれっ、今はそんなインスピは要らないっ!w
 内容的には馬鹿を真面目にやる話というか、よくありがちな"ネタ"を"ネタ"でなく"事実"として書こうかな…といった感じです。曖昧な表現ですみません。
 あまりにも突拍子もない内容ですので、少し書き進めてみて動向を見ようかな…と。

 というか突拍子もなさ杉て、少し書いたら誰かに見てもらうべきかっ!?w とか考えてますハイ。



↓ということで色々書きたいものばかりだけど全く書いてない私なんかに届いた拍手レスっ↓
09.3/22 どむとむ様

>感想遅れました。野球少年の過去編見ましたよ!
>リトルバスターズのメンバーがまったく出てこないので、オリジナルの小説を読んでいる気になりましたが……とっても素晴らしかったですよう。
>なんていうかまず、読みやすい。私と違って三点リーダーなどを多用してなくて、画面がすごいスッキリと映っているように見えます。
>それなのに臨場感たっぷりで、雰囲気がガツンとこっちの目の奥に飛び込んでくるのだから……ああ、幹事さんのSSを見る度に私はまだまだ未熟者だなと思うのであります。ぶひっ。
>オリキャラであるのに、加藤くんはもの凄い輝いてますね。これは本当にすごい。性格からビジュアルもなんとなく想像できて、そのままリトルバスターズのメンバーの隣に立っていたとしても、まったく違和感がないような仕上がりになっている気がします。それを単一の文で直接読者に印象づけるのではなく、お話全体でうま~く醸し出してるところがまたすごいと思うところなのでありますよ。いやいや、参りました。
>喪失感といいますか虚脱感といいますか……そんなものが、モロに伝わってきて、気づいたら私もなんとなく悔しげな気持ちになっていました。
>だからこそ思うのが、加藤くん……絶対リトルバスターズに負けるなよ! ということで。
>私の気持ちなど全然無視してしまって構わないと思うのですが、加藤くんには是非リトルバスターズとの試合で活躍して欲しい、と一読者として勝手に思ってます。
>要は、それくらい読んでいて熱くなれました、ということです。


 やーはー、こちらはまだロックスター読み終わってないですよっ(汗
 いや、もうその辺は…ホントすみません、以後気を付けますというか以後ありませんのでw
 見やすいのは、多分html的に間隔を空けているからでh(ry 嘘ですすみません、私なんかまだまだです。内心ちょっと慢心があったな、とこの充電期間(という名のサボリタイム)で思い知らされた所存です。
 こーちんはオリキャラで、当然リトバスSSを求める人には受け入れ難いキャラクターだと思うんですよね。なのでできる限り魅力を出せるように、丁寧に書いているつもりなのです。現状生々しいほどですがw
 あの辺りはやっぱり実体験というか、その類を元に書いてます。逆に丁寧に書きすぎて現8話までで4話も使っちゃったZE★なノリでホントに申し訳ないですorz
 一応、ほとんど脳内にプロットはできているのですが…うーん、ご期待に添えるかどうか(汗) これから先はオリキャラマンセー! をできる限り抑えたい、ということも考えておりますので……。
 今までマンセーだった奴が何言ってるんだよ! って話ですが('A`)

>あ、あと、脱字一個発見しました。野暮かもしれませんが、ご報告します。
>8話の、乱闘直前のシーン。加藤くんが夕方に野球場に戻ってきたところで、

>>>限りなく並行に差し込む夕日が世界を赤く染め上げる。それが何故だか不思議と幻想的に思えて、まるでこの世界に一人しかいなくなってしまったのでは、と錯覚してしま(う)ほどだ。

>でした。う、が抜けてましたよ~。それだけですw 失礼しましたー。


 OH,脱字!(汗) よくこんな地味なところを見つけて下さいました…危うく一生恥を晒して作家人生を続けるところでしたw
 こんなに詳細な感想、本当にありがとうございましたー。私もなるべく早くロックスターを読み終え、感想をお送りしたいのですが…色々…カツカツで……orz
スポンサーサイト
【2009/03/23 20:37 】 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<本当の世界一。 | ホーム | 長い一日の終わり。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kanjiman74.blog25.fc2.com/tb.php/135-b423a5c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。