スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
小さな手のひら。
拍手レス観戦記録を更新しました。




そしてCLANNAD AFTER STORY最終回"小さな手のひら"感想↓

※原作ネタバレも含みます。
 とらドラの時にも使いましたが、あえてまた。大団円でした。

 前回から続くアフター三週目のラストシーン、朋也が渚を呼び止めるシーンから最終回は始まりました。
 始まりの坂の途中で、渚を呼び止めなければ始まらなかった幸せな日々・やがて来る絶望…自分と一緒に歩いていけば好きな人が確実に不幸になる、その状況で呼び止めることができるでしょうか。

 それでも、出会いたい。

 朋也も渚もそれを望んでいたのです。
 話しかけなかったことで坂を下って行ってしまった渚を追い、まるですがるように抱き締める朋也。原作にはないシーンですが、これが朋也の想いなんだと思います。
 渚が大好きで、一緒にいたい。ずっと抱き留めていたい。そんな感情の表れなんじゃないかな、と私は考えます。





 あえて良くなかったところを上げようと思います。

 まずはわざわざアニメーションという媒体であったのに台詞が少なく、映像をただ流してるだけのシーンが目立ったこと。
 それと某大型掲示板で確認する限り、アニメから入った人の相当数が話を理解できず、ループ部分に萎えたという意見を見たこと。

 私はボロ泣きしつつ、案外この辺りは冷静に受け止めてました。正直幻想世界と現実世界のまどろみ(という表現で良いのかわかりませんが)の部分で実写を使っているところは萎えましたし、ラストシーンも原作より感動したということはありませんでした。
 おそらくまどろみ部分は町を表現したのでしょうが、光の玉という表現を活かすのであれば町より人の思いを重視し、今まで過ごしてきた日々を映し出す…のような表現の方がわかりやすかったかな? と思います。
 おそらく原作ありきでああしたのでしょうが、アニメ単独で成功させるためには折るべきだったかなー…と思います。

 あとはループ部分。ここはそもそもCLANNADという膨大なテキスト量を誇るゲームを何週も何週もしてようやく辿り着くラストシーンであり、その直前にこのことを「長い旅」という表現を作中でなされています。
 要は達成感を含めて、「ようやく辿り着いた未来」ということで感動できるのであり、その部分がオミットされたアニメ版ではそれと同等の感動を得るのは難しいんじゃないかな、と。

 この辺りは麻枝さんの持論を含めてなんでしょうね、ギャルエロゲは何週もする=平行世界・多重世界が存在するという表現をあえてゲーム内に持ち込み、その膨大な文章量をあえて逆手に取り、そしてフィナーレに持っていく。そう考えるとアニメ版だけを見ていては?になってしまうのは至極当然だな、と思うわけです。




 ここからは個人的な感想です。

 セピアとカラーを有効に使った冒頭から始まった、アニメ版CLANNAD。数あるKey作品の中でも私が最も愛してやまない作品がこのCLANNADですが、もうOPの時点で泣いていました。あの綺麗な世界がアニメーションになるのだな、と。
 それから京アニの定評通りのクオリティで毎週放送され、そして無印のフィナーレ……その時は「ああ、ただの学園モノになってしまったな…でもアニメだと仕方がないのかな」と思ったものです。
 だからアフターストーリーの告知を見た時、文字通り飛び跳ねるくらい喜びました。

 そして去年から始まったアフター、毎週金曜は寝不足で辛い。それでも私は生で見続けました(ちなみに無印から昨日の放送まで、全て生で見てます)。
 まさかの草野球シナリオから始まり、サブキャラ編、渚シナリオ後半、そしてアフター。始まった頃は嬉しい反面、あんな悲しい話を全国放送してしまっていいのか…とちょっと不安になったりもしてました。
 アフターに入ってからは毎週ボロ泣きで、もうCLANNADを見たくて見ているのか泣きたくて見ているのかよくわからなくなったりしてました。

 そしてフィナーレ。

 アニメしか見ていない人には申し訳ないと思いますが、概ねのストーリーをわかっていた私からすれば素晴らしいアニメーション化でした。
 確かにご都合主義マンセーで、あまりにも非現実的かもしれません。それでもCLANNADをテキストをゼロから始めた身からすれば……必然的なことなんじゃないかな、と思います。





 結論を言いましょう、CLANNADは元々アニメとして完結できない作品です。
 確かに最終回はあまり構成がよくありませんでしたが…それでも元々がそのような作品をよくここまでハイクオリティに仕上げられたな、と思います。
 結局原作を追っただけじゃん、と京アニを批判する声もあったりしますが、では他の制作会社ではどうなっていたか? …おそらく原作すら追えず、終えずに終わるでしょう。
 逆に追うしかなかったんじゃないかな、とも思いますしね。ヘタな改竄は東映を追う羽目になるw



 来週は番外編です、遂にこれでCLANNADも終わります…出会ってからもうすぐ5年です。長かったなぁ……。
 別れを惜しみつつ、最後まで生で見させて頂きます。
スポンサーサイト
【2009/03/13 18:51 】 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<旅行に行ってきました。 | ホーム | キング・クリムゾン!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kanjiman74.blog25.fc2.com/tb.php/131-50b53b37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。