スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
小宮山が引退、ボビー今季限り退団で決断
 ロッテ小宮山悟投手(44)が今季限りでの現役引退を決意したことが19日、明らかになった。小宮山に近い関係者によると、04年にバレンタイン監督の強い要望でロッテに復帰した経緯があることから、今季限りで退任する同監督とともに自らも身を引く決意を固めた。今後は未定だが、プロアマ問わず球界の発展に尽くしたい考えを持っているという。ロッテ、横浜、大リーグのメッツ、浪人を経て再びロッテに戻った波瀾(はらん)万丈の野球人生についに終止符を打つ。

 「投げる精密機械」といわれ、長年ロッテを引っ張ってきた背番号「14」がついにユニホームを脱ぐ時がきた。今季1軍では1勝0敗。5月16日に約3年ぶりに1軍登録抹消された時は防御率が10・13まで膨らんだ。その試合後「投げろと言われれば投げるけど、結果が目に見える状況なのでしょうがない」と、もどかしい胸の内を吐露していた。その後2軍で11試合に登板したものの、1軍に上がることはなかった。

 バレンタイン監督とのきずなが、パ・リーグ最年長右腕を支えていた。メッツを戦力外となり事実上の「引退」に追い込まれた03年に、あくまで現役続行にこだわり1人で練習を続けていた時、「力を貸してくれないか」と声をかけてくれたのがバレンタイン監督だった。1年間の浪人生活を経て異例の復帰を果たした。

 恩人であり師でもある同監督が今季限りで退団することが、決断に至らせた。小宮山に近い関係者によると「バレンタイン監督が球団から必要とされずにチームを去るのであれば、監督の力になれなかった小宮山本人も身を引く、というのが理由のようだ」と話した。チームは2年連続クライマックスシリーズ(CS)進出が絶望的な状況で、監督が期待した中継ぎの役割をまっとうできなかった責任も感じていた。

 20年間の現役生活に別れを告げる。2浪して早大野球部に入部し、エースとして20勝をマーク。89年ドラフト1位でロッテ入りするとトレードマークのサングラスと、顔の前にグラブを持ってくる独特のノーワインドアップ投法で人気を博した。93年には開幕戦から6試合連続完投勝利というプロ野球記録を樹立。当時のチームメートだった牛島から投球術を学び、打者との駆け引きを習得して97年には最優秀防御率賞も獲得した。

 通算117勝を挙げてロッテの一時代を築いた男は、その言動も注目された。03年から05年まで早大人間科学部の科目履修生として、学生と二足のわらじをはいた。06年には早大スポーツ科学部大学院学術部に進み、投球フォームに関するバイオメカニクスを専攻。07年に修士課程を修了した幅広い知識は、ロッテでも数字では測れない影響力を与えた。

 今後については未定だという。浪人時代に評論活動を通じて養った分析力や視野の広さに加え、日米球界にも精通している。さらに数学の教員免許も取得していることから、プロだけでなく早大を含むアマ監督にも支障はない。関係者によると「プロアマ問わず野球界発展に尽くしたいという意向を持っているようだ」と話した。これまで培った野球哲学を第2の野球人生でも発揮するに違いない。

(2009年9月20日8時26分 日刊スポーツ紙面から/http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20090920-545909.html





 また一人ロッテの低迷期を支えてきてくれた人が引退……悲しい限りです。
 ただ野球ファンなら知っての通り、コミさんには「投げる精密機械」と呼ばれるだけの豊富な知識、そしてそれに伴う経験があります。
 本人はプロアマ問わずとおっしゃっているようですが、一ロッテファンからすれば千葉ロッテマリーンズのコーチ陣に、そしていずれ監督に、と望んでやまないです。

 ただ個人的な感想を言わせて頂くなら……もう一時代が終わってしまうんだなー……と思ってしまいます。
 ジョニー、コミさん……この二人はヒーローだった。もっときらびやかなチームに行っていれば球界を代表する投手、それに準ずるポジションにいられたであろうこの両投手。低迷し続けていたロッテを牽引した両投手。本当に感謝しています。心からありがとうと言いたいです。
 コミさんの引退試合も行きたいなー……ジョニーの時は本当に泣いた。引退投球は圧巻でした。「これが引退する人間の投げる球、気迫なのか…?」と思ってしまうほどに素晴らしい投球でした。

 最年長という意味では高木さんですが、生え抜きという意味では堀さん。彼が最後でしょうか……現役唯一のオリオンズ戦士。やべ、タイプしてるだけで鳥肌立ってきた(←厨の域
 2000本安打達成して欲しいのですが……難しいかな。残り200本切ったけど、今年22本だからなぁ……10年掛かる計算だw



 少し話が逸れてしまいましたが、コミさん。本当にお疲れさまでした。

 偉大な記録を残した選手、球団に貢献してきた監督・コーチ……昨今の世、そうした人が球界の至宝と呼ばれています。
 コミさんは今までロッテの至宝であり、球界の至宝ではなかったかもしれませんが……これからは必ずなれる。それだけの知識・経験があると私は思います。
 先ほどはわがままを申しましたが、コミさんなら素晴らしい野球選手を輩出することができます。ロッテ以外のチームでも指導できる能力があります。
 コミさんの理論が野球界に浸透していくのであれば、それでいい。私はそう思います。



 ……引退試合観に行くからマリンのマウンドでちょっと待ってて!!
スポンサーサイト
【2009/09/20 23:59 】 | 野球 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
今更甲子園の話でも。
 結構経ってますけども。幹事男です。
 まずは全国の高校球児の皆さん、お疲れさまでした。今年も白熱した良い試合を数多く見させて頂きました。
 特に決勝戦の最終回、あの追い上げは素晴らしかった。最後の打球も運悪く正面だっただけで、十分に逆転を考えられる猛攻でした。中京大中京のエース・堂林君は悔いが残ったでしょうけども……よく投げたと思います。そして4番としての役割。素晴らしいHRだったなぁ……あれだけの才能があれば、きっとプロの舞台に立つこともあるでしょう。楽しみにしています。

 で、本題。
 なんというか、バッシングを受けそうな内容なので一応閉じておきます。
read more...
【2009/08/28 23:59 】 | 野球 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
キミだけの「魂のエース」になれる――『54「もう、投げなくていい」からの出発』を読んで。
 タイトルの通り。興味がない方は開かないことを推奨!
 でもなんだろう…長く語る気にもならないから短い文章になってしまった。

 本当に、それほどの内容でした。



↓以下ジョニー信者によるれびゅ!↓
read more...
【2009/05/16 21:05 】 | 野球 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
本当の世界一。
 祝・WBC連覇!!

 素晴らしいの一言でしたね…どっかのイラン人が試合を壊しかけましたけど、流石イチロー。若造の失態を見事にリカバーする勝ち越しタイムリー。
 負けたのは韓国だけですし、戦績も3勝2敗と勝ち越し。今度こそ本当の世界一だと言えます。感動をありがとう ハラハラ 侍JAPAN!!



 試合に関してはあえて言うのなら、残塁が多過ぎることとイラン人の起用ぐらいでしょう。15安打で5点とか効率悪過ぎ。これはほとんどの試合にも言えて、無死や一死で複数ランナーが出てるのに無得点とかザラにありました。これは原采配のせいですね。
 左右病を含め、原采配はほっとんど外れてましたね…成功したの、内川の起用とエンドランぐらいじゃ? 原采配も問題点のひとつですかねー。
 二日連続で終盤でのイラン人の起用。何故?の一言しかありません。なんのためにクローザーを二人も連れてったの? って話です。
 馬原はとにかくとして、藤川は今大会無失点。いくら調子が悪いとはいえ、彼にも実績やプライドがあるでしょう…四死球やヒットをひとつでも出したら交代とかでも良いんで、あそこは元々中継ぎ・クローザーの実績があるものがやるべきです。
 確かにイラン人も良いピッチャーであることは認めます(個人的に嫌いなだけです)が、四死球出しまくって自滅した試合が今大会にもあった。それなのに何故、この大事な場面で?
 結果は2イニングを1安打3四球1失点、どう考えても失敗です。岩隈なんて3イニングパーフェクトですよ? ランナーが溜まった時点で交代すべきでした。去年の日本シリーズと言い、原さんはピッチャー起用・交代がヘタ過ぎます。もう少し頑張りましょう。
 あと栗原ね、お前何しにアメリカ来たんだよwwww



 ここから先は良いところを。
 中島青木内川のヤングバッターたちは大当たりでしたね、素晴らしい活躍でした。メジャー球団も良い評価を出しているみたいで良いですね。青木はメジャー挑戦が夢でしたし、これでまた一歩近付いたのではないでしょうか。
 城島、若いピッチャー陣をよく牽引してくれました。強化合宿時からですか、間違いなく世界一の縁の下の力持ちでしょう。打撃の方も犠飛などを含めた素晴らしい活躍。決勝は二度も目の前で青木を敬遠され、悔しかったでしょう。次はもう少し力を抜いてね。
 村田は最後、残念でしたね…でも間違いなく村田の力があったからこそ、勝ち抜けて来れたのです。メダルは栗原から貰ってね。あいつ何もしてないから。
 そしてイチロー、不調不調と言われながらも最後の最後で決めて下さいました。6打数4安打…本当に素晴らしいバッターです。あなたこそ世界一の右翼手です。



 で、まだまだ書きたいのですが夜勤の時間です。

 本当に素晴らしい日でした、本当に感動をありがとう侍JAPAN!! 正直連覇なんてできねーよとか内心思っててごめんよ!!
【2009/03/24 21:00 】 | 野球 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。