スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
ポジ×ネガ
 mixiでポジティブ言語とネガティブ言語のことを長々とお話したので、ついでにこちらでも転載しておきます。
 というか、文章という意味ではこっちの方が正しいわけですが…まぁ、こんなペーペーの文章ですが内容は一流の文学家のものなので一度目をお通しになって下さいw
 これは私が尊敬している教授から教わったことです。
 生意気なことは百も承知ですが、皆様にも知って欲しいということで書かせて頂きます。

 そもそもポジティブ(Positeve)とネガティブ(Negative)はカメラ用語からきており、陽画(明暗が実物と同じ)と陰画(明暗と色彩が実物と反対)とも呼ばれます。"ネガ"という言葉は聞いたことがあるでしょう、それを想像してもらえれば易いかと思われます。
 「言語」と名乗るぐらいなのですから、こうして文章にせずとも言葉にするだけでもポジ言語・ネガ言語に大別することができます。わかりやすく例えるならテレビ司会者。番組をリードし、その他の出演者に話題を振ったりオチを付けたりする彼ら・彼女らにはそれがはっきりと出てきます。

・ポジ司会者
 黒柳徹子
 堺正章

 基本的に相手の話に必ず乗り、驚くなどの前向きな反応を見せるのがポジ司会者です。

・ネガ司会者
 ダウンタウン
 島田紳助

 相手のことを馬鹿にしたり反対意見を出したりし、それによって周りの笑いを取るのがネガ司会者です。

 想像して頂ければわかりやすいと思いますが、あなたの周りにも大体の人間がこの二つに大別できるはずです。楽しい話をして場を盛り上げる人物、誰かを話のネタにして盛り上がる人物。ただ一人の人間をそうして大別することは難しいですが、会話自体はそうやって大別できるはずです。一度注意深く会話をしてみましょう。

 さて、ここまでのお話でポジとネガの見分け方はおわかり頂けたと思います。私は教授と違って言葉回しが上手くないのでわかりにくいかと思いますが、多少疑問点が残っていても読み進めて構わないです。
 今から10個の偉人の言葉を書きます。これははっきりポジ・ネガに分別されており、双方に違うニュアンスで心を動かされるはずです。よくお読みになって下さい。




01.大丈夫だ。心配するな。なんとかなる。 ~一休宗純~

02.障害は不便ですが不幸ではありません。 ~ヘレン・ケラー~

03.「目には目を」では世界が盲目になるだけだ。 ~ガンジー~

04.雨が降れば傘をさす。 ~松下幸之助~

05.あなたは望まれてこの世にうまれてきた、大切な人なのですよ。 ~マザー・テレサ~

06.我々がある人間を憎む場合、彼は姿を借りて我々の内部にある何者かを憎んでいる。 ~ヘルマン・ヘッセ~

07.不幸な人々は、さらに不幸な人々によって慰められる。 ~イソップ~

08.友情の多くは見せかけで恋情の多くは愚かさである。 ~シェイクスピア~

09.新しい喜びは新しい不幸を生み出す。 ~モーツァルト~

10.人間を動かす二つのてこは恐怖と利益である。 ~ナポレオン~



 ……お分かり頂けたでしょうか。1~5までがポジで6~10がネガの言葉でした。よくお読みになった方はすぐにお分かり頂けたと思います。
 ここに列挙した言葉はいずれも偉人と呼ばれる高名な方々が残した言葉であり、方向性は違えど多くの人の心を動かしたり、感動したり、行動原理になったりしていると思われます。ただ違うのは前者がポジティブ言語であり、後者がネガティブ言語であるということです。



 あなたは雨に良いイメージをお持ちでしょうか。おそらく晴れの日以上に良いイメージはお持ちではないでしょう。しかし雨をポジティブ言語にすることは可能です。
 例えば手紙を書く時、時候の挨拶を一番初め(拝啓を除く)に書きます。五月末から六月といえば梅雨、必ず雨が絡んでくることでしょう。しかし時候の挨拶というものは読み始めてから一番初めに読む文章であり、漫才で言えば「掴み」と呼ばれるものです。周りが笑っているというのに、自分一人が「掴み」で笑えず、そのまま取り残されたことなんてことはありませんか。漫才じゃなくてもいいです、例えば会話の頭にトイレに立ってしまい、皆が盛り上がっている時に戻ったら全然話に付いていけず、笑えない。そんな状況でもいいんです。時候の挨拶とは、手紙の「掴み」なのです。
 その「掴み」で不快なことを言われたら、そこから先のお話はどう感じるでしょうか。少なくともポジティブには受け取れませんね。そうしたことを割けるために、なるべくネガティブな言葉を避けるというのが時候の挨拶の基本となります。

 春の時候の挨拶といえば「桜」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。しかし「桜」は本来避けるべき言葉のひとつです。それは何故かと申しますと、「桜=入学式、出会い」と思い浮かべる人はポジティブに受け取れますが、「桜=卒業式、別れ」を想像する人はネガティブに受け取ってしまうからです。梶井基次郎の小説『櫻の樹の下には』をお読みになった方はいらっしゃるでしょうか。よく耳にします「桜の木の下には死体が埋まっている」という作品です。だから桜の花びらは白く綺麗なんだ、と上辺だけならポジティブですが、その過程は「死体が腐り、ドロドロとした液体が出、根っこがそれを吸い」というものです。到底ポジティブには感じられません。
 『櫻の樹の下には』の話が続きますが、要は言葉をどう上手く回したとしても、その過程がネガティブであれば文章はネガティブになってしまう、ということです。

・私は元気です。
・私は病気ではありません。

 どちらも意味は同じですが、はっきりとポジネガが分かれています。色々とお話してきましたが、行き着く先はこういうことです。例え意味が同じだとしても、言葉ひとつで大きく受け取り方が違うのだと。
 この節の冒頭に戻りますが、「雨」は単体だとネガティブです。これをどうポジティブにするかは人それぞれです。自分なりの楽しみがあったり、晴れの日じゃないと見つからない発見があったり、それぞれ雨は雨なりのポジティブが見つかるはずです。

 これを最後までお読みになった方、コメント・拍手で「梅雨・雨の日の時候の挨拶」を書いてみませんか? せっかくお読み頂いたのですがら、正しい知識をお持ちして欲しいのです。
 短くとも長くとも構いません、私も教授から指導を受けたばかりのペーペーですが、僭越ながら添削などもさせて頂きます。
 この長々しい文章を最後までお読みになって下さった方なら、きっと素晴らしい一文をお書きになれると思います。



■ ポイント ■
・季節の花とはいえあじさいは避けるべし。移り気などの意味を持ちます。
・「お陰」の「陰」や「部屋の隅」の「隅」なども避けるべし。漢字自体がネガティブイメージを持ちます。
・「雨」は単体ではネガティブではありませんが、「強い」などを入れてしまうとネガティブになってしまいます。
・いくらポジティブだからといって「雨に興奮して全裸で外に飛び出してしまいました」などと情緒のない文章を書かないようにしましょう。





 ……なんかここまで偉そうに書いといて難だけど、拍手来なかったらドウシヨウ。激しく鬱だ(←ネガティブ
 とりあえずポジ×ネガのお話は以上です。ご清聴下さりありがとうございました。





 金曜日はクドの誕生日だわしょーい! ケーキ買ってこないとー!!(←重症
スポンサーサイト
【2009/06/10 02:18 】 | コラム | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<6月12日、それは――。 | ホーム | たまには連続更新してみるスレ。>>
コメント
ネガ言語ポジ言語の件
面白いメッセージ楽しませてもらいました。
読んでるうちに、これ某D大学で私が話したこと?
と思いつつ・・・
間違ってたらごめんなさい。

【2010/03/18 15:17】| URL | さとうT #-[ 編集] |

>さとう先生
僕は先生(HNから憶測するに、多分w)が教鞭を振っておられます某E大学の学生です…三年次の演習実習時の内容をメモしたまま、聞いたままに書きました。
もし問題があるようでしたら削除いたします。大変失礼しました。
【2010/03/20 01:15】| URL | 幹事男 #z9uvfgxI[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kanjiman74.blog25.fc2.com/tb.php/166-04c04dcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。